結婚式に招待された時は?

結婚式に招待された場合は、出来る限り参列するようにしましょう!
結婚式は一生に一度しかありません。
一生に一度の思い出の瞬間を、新郎新婦と一緒に共有しましょう!

 

出席の場合

結婚式の招待状が届き、出席をする場合には、出来るだけ早く出席の返事をしましょう。
出席の人数が分かり次第、招待客の人数を決定するので、返事が遅いと準備が滞ってしまいます

 

返信はがきを使って返事をする際は、いくつかの注意点があります。

 

  1. 宛先(相手氏名)の敬称が「宛」「行」の場合には、必ず「様」に直しましょう
  2. 訂正する際は二重線が一般的ですが、結婚式の招待状の場合は「寿」を使用するといいでしょう。

     

  3. 「ご出席・ご氏名」などは、「ご・御」を「寿」の字で消しましょう
  4.  

  5. 必ず、新郎新婦へお祝いのメッセージを添えましょう。

 

欠席の場合

欠席をする場合には、必ず理由を書きましょう
お祝のメッセージとお詫びの言葉を添えて、少し間を空けてから投かんします。
最初に手に取る返信が、欠席では新郎新婦ががっかりしてしまいますよね。

 

ただし、病気や入院、身内の不幸、他の披露宴と重なってしまったの場合には、正直にかかず、「諸事情があり、出席できません」と、あいまいな表現にして返すようにしましょう。