結婚式の招待客、人数はどのくらい?

結婚式には多くの人に来てもらいたい!そう思っても、人数には制限がありますし、予算が低くなるほど呼べる人数も少なくなってしまいます。
限られた人数の中で、誰を呼ぶか、慎重に決めるようにしましょう。

 

親族を優先

結婚式は、新しい夫婦のお披露目の会でもありますが、何よりも二つの家族が一つになるという大切な意味もあります。
できるだけ、親族の方を優先して招待しましょう。

 

少人数の式の場合は、友人や会社関係の人ではなく、親族のみを呼んでの結婚式が多いです。

 

誰を呼ぶか迷ったら?

結婚式に招待する友人を選ぶのは非常に難しいですよね。
つながりがあれば結婚式のことは伝わるし、呼ばれた、呼ばれない、でトラブルが起きてしまっては困ります

 

招待客を選ぶ時は、「お祝いしたい相手」をポイントにしてみましょう。
自分の結婚式ではなく、相手の結婚もお祝いしたい!と思える相手から選ぶのです。

 

会社関係は上司を優先

会社の同僚を結婚式に呼ぶという場合は、必ず上司も呼ぶようにしましょう。
上司を立てるというのが、日本の風習でもあります。

 

会社の方を呼ぶと大規模な結婚式になってしまいますので、同僚だけを呼びたいという場合は、2次会等を開いて招待しましょう。