ご祝儀の金額、相場はどのくらい?

結婚式に参列するとなると、ご祝儀が必要になります。
ご祝儀の金額は、いくら位が相場なのでしょうか?

 

恥をかかないように、ご祝儀のマナーについても学んでおきましょう。

 

一番多い金額は、3万円

ご祝儀の金額で一番多いのは、3万円です。
友人として、同僚としての出席であれば、このくらいの金額が多すぎず少なすぎずで無難です。
多く包み過ぎても気を使わせてしまうので、ほどほどにしましょう。

 

親族や後輩の結婚式では少し多めに

親族の場合や職場、学校の後輩の場合は、少し多めに包みましょう
金額は、5〜10万円が相場です。

 

新郎新婦側も、引き出物を通常の招待客より多めにしている場合が多いので、少ない金額ですと恥をかいてしまいます。

 

ご祝儀のマナーとは?

ご祝儀のマナーで一番大切なことは、金額にふさわしい祝儀袋を選ぶことです。
祝儀袋を購入する際、必ず袋に目安の金額が書かれていますので、確認しましょう。

 

また、水引は必ず「結びきり」のものを。
「蝶結び」の水引は、「結びなおすことができる=再婚」の意味になってしまうのでNGです。

 

祝儀袋には包み方にもマナーがあります。
祝儀袋の裏側は、「幸せを受ける」という意味で、下の部分を上側に重なるようにして包みましょう。
逆に重ねてしまうと、不祝儀の折り方になってしまいます。