結婚式で恥をかく!?絶対NGの服装とは?

結婚式服装

 

 

 

結婚式に参列する場合には、服装にも注意しましょう。
間違った服装で参列してしまうと、自分だけでなく、一緒に参列した友人、そして招待をしてくれた新郎新婦までにも恥をかかせてしまいます

 

恥をかかないよう、絶対に着てはいけない服装を、覚えておきましょう。

 

 

 

 

白色のドレス・袴

男女ともに、白色、または白色に近い色のドレスや袴は絶対にNGです。
白は主役の色ですから、かぶりは厳禁。
絶対に避けましょう。

 

カジュアルな服装

ミニスカートやファー、アニマル柄等はカジュアルな服装です。
フォーマルな結婚式には不向きなので避けましょう。
特に、ファーやアニマルプリント動物殺生の意味からもNGです。

 

ブーツやサンダル

靴は、ヒールが高めのパンプスが基本です。
オープントゥやミュールなど、穴があいている靴はNG
また、ブーツもカジュアルな靴なのでNGです。

 

派手すぎる・暗すぎる服装

あまりに派手な服装は、主役が誰なのかわからなくなってしまいます
派手な色は差し色程度にし、上品さにかけないようなコーディネートにしましょう。

 

また、全身黒、グレー等の暗すぎる服装も、まるでお葬式のようになってしまうのであまりよくありません。
黒やグレーのドレスの場合は、色味やラメのはいったボレロやストールを使うなどして、華やかさを出しましょう。